AIビジネスのプロになる!

グループ企業国内外12社の会長として
六本木ヒルズに10年以上住み続けている土屋ひろしが
“初心者が1,000万円をすぐ稼ぐ為にまず1番最初にやるべき事”
をLINE登録者に期間限定で無料でプレゼント!! ↓
今すぐ土屋ひろしのLINE@に登録
1000万稼ぐ為に1番重要な手法をすぐに手に入れる>>>
http://bit.ly/2tzEPaO


土屋です。

今「仮想通貨がアツい!」ということは
FacebookやBlogなどで散々お伝えしているかと思いますが
それと並んで、これからのビジネスの鍵となってくるのが
「人工知能(AI)」です。
人工知能はここ数年で一気に発達してきています。
ネットビジネス業界でも、AIの活躍の幅が増えてきました。
特にAIを使っての金融のトレードは、目紛しく発達と成果を叩き出しています。

今回はこのAIについての情報をシェアしていきます。

そもそも人工知能とは?

まずは「人工知能」のことを調べてみます。

人工知能とは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム。具体的には、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータプログラムなどのことをいう。

人工知能の応用例としては、専門家の問題解決技法を模倣するエキスパートシステムや、翻訳を自動的に行う機械翻訳システム、画像や音声の意味を理解する画像理解システム、音声理解システムなどがある。人工知能を記述するのに適したプログラミング言語としてLispやPrologなどが知られている。 / 参照

すごく曖昧な感じですね
実はまだ人工知能の定義はまだ決まっていないんです。
というのも、人口知能研究者や機関によって認識にずれがあるからなんです。

まぁ、「人工的に作られた人間のような知能 」って認識していれば
とりあえず大丈夫ですね。

AIブームの火付け役はあの「マン丸掃除機」

 

実は人工知能の開発は1960年代から行われていたのですが、
なかなか大きな成果を上げることができない期間が続いていました。
しかし2010年以降、
本格的にAIを機能として使えて、高い評価を得たものは
お掃除ロボットの「ルンバ」です。
ルンバには接触センサーと赤外線センサーがついていて壁にあたると向きを変え、
部屋の中をランダムに動いて掃除をします。
新しい機種では、汚れの多い所を重点的に掃除したり、自ら充電を行える物もあるのです。
これをきっかけにAIの開発は発展し、2017年現在では
なくてはならないものへと変わっていきました。

生涯現役の土屋はAIにだって負けない

目紛しく発展していっているAIですが、
人工知能が人間と釣り合えるようになるまで、どのくらいかかるのでしょうか?
世界でも有数の人工知能専門家たちを対象に、彼らの意見を調査したそうです。

その時に尋ねた質問の内の1つに
「50%の確率で人間と同レベルの機械知能を創り出せるのは、
何年になると思いますか?」というものがあったそうです。
ここで言う人間と同レベルの定義は、
「成人の人間が行う仕事をほとんどこなせること」
1つの領域に限られない、
まるで本物の人間のようなレベルを指します。
どの分野の専門家に尋ねたかによって正確には異なりますが、
中間的な答えは2040年から2050年には。
そしてほとんどの方が2070年頃にはその領域に
なっているのでは無いかと答えたそうです。

2070年はまだ、ひょっとしたら私は生きているかもしれません。
生涯現役の商人である土屋ですので、
AIに知識が追いつかれたとしても
そのAIと利害関係を持ちながら、生涯一儲けしていきたいと思います。

 

この記事を読んで参考になったらぜひ「はてブ」「Pocket」で土屋の最新ブログをチェックしてくださいね。

土屋より。

 

【土屋ひろし公式メルマガはこちら!】


豪華プレゼントあり!!

画像の説明文
0円から始める資産形成方法を知りたくないですか?土屋は2002年から個人でビジネスを始めました。 当時は月収10~15万円を行き来する不安定な派遣社員・・・ バイト同然の給料で本当に極貧の中を生きていました。 今思い出すだけでも身震いしてしまいます。 「この地獄を早く抜け出さないと」そんな心の叫びを日々抱えながら、 私は個人で様々なビジネスを始めました。 でもどれもこれもうまくいかず、満足に稼げることはありませんでした。 そんな中、「ある手法」で偶然にも稼ぐことができました。 そのたった1つの方法をこっそりお教えします。