【土屋ひろしが徹底講義!】今知っておきたい100年時代の生き方とは?

土屋です。

日本が高齢社会になって久しいですね。それだけ長生きできる社会になったということで、喜ばしいことだと思います。ですがその分、ともすると「一生働く時代の到来」なんてことも巷ではささやかれています。

「そうかそうか、そんな耳時代が来るのか・・・」なんて他人事のように聞いていてはだめですよ!これが実は大問題なのです。

長い老後と企業システムの「かい離」

60代で定年したとして、残り20年から30年の人生をどう生きるのか?これは本当にこれからを生きる人にとっては重大なテーマになってきます。問題なのは、企業のシステムが現代人の生き方とミスマッチしているということです。

役所でも企業でも、何の専門性も無いまま定年を迎えてしまう人が多いのです。

例えば大企業出身の方で、外回りや管理部門の経験から「自分はゼネラリスト(広い範囲の知識や能力を持つ人)」と主張する人がいるそうです。

でも人材コンサルタントからすればその人はゼネラリストではなく「その会社の専門家」に過ぎないので全然他では役に立たないと言います。かなり辛辣ですよね。

どんなにその会社で調整役を頑張ってきたのだとしても、その人の仕事はその会社の人間関係を前提にしか成り立ちませんから1歩外に出ると役に立たないということなのです。

なんとも残酷な話です。つまり、外でも(どこでも)通用する、人からお金をいただけるスキルを身に付けておかないと定年後に明るい未来は開かれないということですね。

40代が持つ「安定」と「リスク」とは?

例えば今70代の方なら、仕事も引退され自分のやりたいことをしながら過ごされる時期だと思います。例えば20代の方なら、まさにこの激動の時代を丸々生き抜く世代として、多用な生き方を真剣に模索していかなければならない時期だと思います。

では40代の方はどうでしょうか?定年まであと15年くらいで、いまさら劇的に人生を変える動きを見せる段階では正直ありません。家庭を持っている方も多いでしょうし、せっかく上がってきた年収も維持したいでしょう。

となると、「今から会社を辞めて新しいチャレンジ!」なんてことは中々できることではないのですね。

ひとつの指針

とはいえ、今の40代に全く何も選択肢が無いというわけではありません。むしろ今の時代は、本当の意味で万民にチャンスが与えられている時代です。

その人が今いくつだろうが、どんな学歴だろうが、年収はいくらだろうが、もう本当に関係なくなっているのです。なぜかといえば、やはりネットの登場が挙げられます。

ネットがこれだけ普及したことにより、個人でお金を稼ぐハードルが極限まで低くなりました。だからこそ、20代や30代といった比較的若い世代から年収で億を稼ぐような層がどんどん生まれてきているわけです。

彼らのような成功者は、みんながみんな何か才能があったり、高学歴だったり、大企業勤めだったりしたわけではありません。

誤解を恐れずにいえば、本当にどこにでもいるような「普通の人」です。そんな人でも、ネットを駆使してお金を稼ぐ方法をコツコツと学び、ついにはたった一人でも生きていける力を身に付けたというわけですね。

もう年齢は言い訳にできない

世間では「若造」と言われてしまいそうな人たちがネットビジネスでガンガン数千万円、数億円と稼ぐ時代です。しかも彼らは、知識もスキルも経験も無い、本当に名も無く貧しい状態から這い上がってきたという人がほとんどです。

となると、ある程度社会経験があって資力も決して低いとはいえない40代以上の方でも、これから真剣に自分で稼ぐ力を身に付けていけば、どんなに遅くても3年後にはネットだけで生活できるような力を手にすることができます。

ですので、ぜひ年齢なんて気にせず、自分で生きる力をコツコツと身に付けていきましょう。ちなみに、全くのゼロから経済的成功者にのし上がるための方法は、土屋のメルマガ(下記要チェック!)で詳しくお伝えしています。

土屋より。

追伸:今回のブログ記事が参考になりましたら「はてなブックマーク」をお願いします!

【土屋ひろし公式メルマガはこちら!】


豪華プレゼントあり!!

画像の説明文
0円から始める資産形成方法を知りたくないですか?土屋は2002年から個人でビジネスを始めました。 当時は月収10~15万円を行き来する不安定な派遣社員・・・ バイト同然の給料で本当に極貧の中を生きていました。 今思い出すだけでも身震いしてしまいます。 「この地獄を早く抜け出さないと」そんな心の叫びを日々抱えながら、 私は個人で様々なビジネスを始めました。 でもどれもこれもうまくいかず、満足に稼げることはありませんでした。 そんな中、「ある手法」で偶然にも稼ぐことができました。 そのたった1つの方法をこっそりお教えします。