【土屋ひろしが大暴露!】21世紀社会を生きるあなたに絶対必要な力とは?

土屋です。

今回のブログ記事では、21世紀社会を生きるあなたに絶対的に必要になってくる「あること」についてお話します。21世紀社会はこれまでの時代とは異なり、あらゆる技術が一気に加速します。もちろんそれは人類の生活を豊かにしますが、同時に働き方にも大きな影響を及ぼします。

例えば、今後ますますAI(人工知能)が進化すれば、これまであった仕事は無くなるかもしれません。アメリカの大学の研究によりますと、あと10年もすれば、今ある仕事の50%が機械にとって代わられる時代になるそうです。実際に導入されるかは別としても、技術的にそうなるということですね。

こうした社会の流れを観ても、やはりこれまでのような「会社に勤めて給料を貰う」といった当たり前のスタイルがいつまでも当たり前であるとは限らないと肝に銘じておく必要があるでしょう。だからこそ、今回のブログ記事ではあなたが21世紀社会を余裕をもって生きるための方法についてお伝えします。

結論:自分で稼ぐ力を付けよう!

ブログ記事やYouTubeなどの、土屋からの情報発信の中では度々お伝えしていますが、やはりこれからの時代は個人で稼ぐ力を真剣に身に付けていかなければなりません。個人で稼ぐ力は、もはやオプショナルなもの(選びたければ選ぶ)といったことではなく、個人が持っておくべき当たり前の力(絶対的に必要なもの)として「個人で稼ぐ力」が必要になるのです。

政府が最近になって、私企業に「社員の副業を奨励する」ように動き始めたのはご存知でしょうか?これは「社員のスキルアップや経験のために」というお題目こそありますが、単純に「個人で稼ぐ力を身に付けさせるため」だと土屋は思うのです。20世紀に比べて、企業の持つ力は弱まりました。かつては就活の人気ランキングで上位を占めていた企業が外資に買収される時代です。経済面でも政治面でも、21世紀というものは本当に何が起きるか分からない時代なんですよね。

そんな時代にあって、「自分は一生、会社からの給料だけで生きていく!」と自信を持って言える根拠がどこにあるのでしょうか?極論、あなたの会社が5年後あるかどうかも分からないのです。そんな時の選択肢としては再就職が一般的でしょうが、これではそれまでの生き方と何ら変わりがありません。土屋のブログ記事を読むあなたにはあくまで個人で稼いで成功する道にこだわって欲しいのですね。

もちろん、億万長者といった大袈裟な成功ではなく、会社に頼らなくても自分と家族を守れるだけの稼ぐ力を得られたなら、それだけで十分に成功したといえます。

個人で稼ぐ力はネットで身に付けられる

個人で稼ぐ力が必要だからといって、今から飲食店経営に乗り出したり経営大学院に行ってMBAの取得を目指す必要はありません。これは一番遠回りな方法です。土屋がおススメする、個人で稼ぐ力を得る方法はネットを使ったビジネスに取り組むことです。土屋が知識も経験も人脈も資金も無い、文字通りのゼロから成功できたのはネットビジネスのおかげです。

土屋はネットビジネスを通してビジネスの原理原則を学び、それをコツコツと実践することで、六本木ヒルズに住む頃には月収で200万円以上を稼ぐようになっていました。これは決して土屋が特別だったからではありません。むしろ一番最悪の状況からのスタートだったといっていいでしょう。そんな状況からでも起死回生できるのがネットビジネスの底力なのです。

ネットビジネスは今はPCだけでなくスマホやタブレットでも行うことができます。例えば、最近はフリマアプリが盛んですが、あれを利用して副業で月収30万円以上稼ぐ人もいるくらいです。このブログ記事を読むあなたにぜひ覚えておいていただきたいのは、今の時代は個人でお金を稼ぐハードルが極限まで下がったということです。それこそ、土屋がネットビジネス(ちなみにアフィリエイトというものでした)を始めた頃よりも格段に環境が整っています。

なので、「個人でネットビジネスなんて難しそう・・・」と思わずにぜひ果敢にチャレンジしていただければと思います。もちろん、土屋のブログ記事やメルマガでも個人が稼ぐための方法をガンガン公開していますのでぜひ参考にしてみてください!

土屋より。

【土屋ひろし公式メルマガはこちら!】


豪華プレゼントあり!!

画像の説明文
0円から始める資産形成方法を知りたくないですか?土屋は2002年から個人でビジネスを始めました。 当時は月収10~15万円を行き来する不安定な派遣社員・・・ バイト同然の給料で本当に極貧の中を生きていました。 今思い出すだけでも身震いしてしまいます。 「この地獄を早く抜け出さないと」そんな心の叫びを日々抱えながら、 私は個人で様々なビジネスを始めました。 でもどれもこれもうまくいかず、満足に稼げることはありませんでした。 そんな中、「ある手法」で偶然にも稼ぐことができました。 そのたった1つの方法をこっそりお教えします。