あなたが成功するシンプルな方法を土屋がお伝えします。

土屋です。

今回はあなたがビジネスや人生で成功するために重要な「あるテーマ」についてお伝えします。もしかすると読んでいて気分が悪くなるかもしれませんが、土屋はこのブログ記事を読むあなたに本気で成功して欲しいと思っていますので、ぜひ最後までついてきていただければと思います。本気の成功方法をこのブログ記事でゲットしてください!

世界に横たわる残酷な現実とは?

「世の中、お金がすべてじゃないよ」「学歴がすべてじゃないよ」「人は見た目じゃないよ」「努力は報われるよ」「夢は必ず叶うよ」その他、諸々の耳に心地よいすべての言葉ってありますよね。確かに、上に挙げた言葉は一片の真実ではありますが、実際問題かなりのレアケースであるという物哀しい現実があります。

実際のところは、世の中はお金があれば大抵の問題は解決できますし、学歴があれば良い企業に就職できますし、見た目の良し悪しで人生の難易度が変わってきます。努力しても報われないことは結構あって、夢を追いすぎて人生を台無しにする人は大勢います。

思わず目を背けたくなることかもしれませんが、あえて直視して受け止めてください。土屋の言いたいことはこの後に出てきます。とりあえず「世界のリアルはこんな感じ」というのをまずはおさえましょう。重要なことは、これらの事実を受け入れた上でどうするかです

「無くてもいい環境」で生きる

前項で示した残酷な現実に負けない方法は簡単です。それらが無くても良い環境で生きるのです。これってとても単純な話で、お金、学歴、見た目、努力、これらがなくてもいい環境で生きることができれば、上に挙げてきたことに苦しむことはありません。低収入で生活できる地域、低学歴で就ける仕事、見た目が重視されない環境、努力が要らない環境、探せばいくらでもあるでしょう。どうして苦しむかといえば、多くの人がその人にとって不利な戦場で戦っているからです。

「高収入が当たり前の世界」で戦う低収入の人。「学歴重視の世界」で戦う低学歴の人。「見た目が重視される世界」で戦う不細工な人。「努力を要される世界」で戦う努力できない人。・・・これではいくら何でも勝てるわけがありません。本当の戦争なら瞬殺されています。幸い日本では、弱者でも生きていける環境が整備されています。自分にどうにもできないことは、頼れるところに頼っても良いのではないでしょうか?

それでも、覆したいあなたへ

さて、それでもあなたがあえて戦いっていきたいと思うなら、覚悟を決めてください。土屋からヒントを示すとすれば、その世界で矛盾している人を探すのです。これが不利な環境下で「覆す」ためのヒントです。普通に考えたら、そこにいられないはずなのに、当たり前のように存在している異端者が必ずいます。その人を見つけ出して、コピーしてください。できれば、直接の教えを請うのが望ましいです。これができれば、勝率は急上昇します。

この世界は思ったよりも広いです。自分と似たパターンで成功を掴んでいる人は少なくとも100人以上はいると思ってください。間違っても、「自分は特異な環境だからそんな人はいない!」などとは思わない方がいいです。視野が狭くなるので。

例えば、かつてこんな男がいました

その男は大学卒業後、正社員として企業に就職することができませんでした。結果として残された道は派遣やバイトで生活することでした。その男は家賃4万5000円の4畳半で、月収15万円が限界という厳しい環境下で生活しなければなりませんでした。朝から晩まで働いても、稼げる月収はせいぜい15万円。このまま正社員として就職できる見込みも無い・・・

客観的にみても、そして冒頭でお伝えしたこと(世界の残念なリアル)から考えても、この状況下で人生をひっくり返す(例えば高層マンションに住み、高級外車を乗り回し、株式会社を多数運営するくらいのお金持ちになるなど)確率はほぼ0%ですよね。いわゆる「詰んだ」状態です。普通ならそのまま自暴自棄になって腐った状態になってしまうかもしれません。ところがこの男、そんな極貧状態からやってのけたのです

圧倒的不利な状況であったにも関わらず、お金もコネも人脈も知識も無かったにも関わらず、その男はある時学んだゼロからでも成功できるプロセスを学んだことで、たった数年で人生をひっくり返したのです。

その男の名は、「土屋ひろし」といいます。

最後の最後で冒頭の話をひっくり返すことになりますが、あえて土屋はあなたにお伝えします。どんなにどん底な状況であっても、正しい方法を学べば人生は割と短い期間でひっくり返せると。

 

土屋より

【土屋ひろし公式メルマガはこちら!】


豪華プレゼントあり!!

画像の説明文
0円から始める資産形成方法を知りたくないですか?土屋は2002年から個人でビジネスを始めました。 当時は月収10~15万円を行き来する不安定な派遣社員・・・ バイト同然の給料で本当に極貧の中を生きていました。 今思い出すだけでも身震いしてしまいます。 「この地獄を早く抜け出さないと」そんな心の叫びを日々抱えながら、 私は個人で様々なビジネスを始めました。 でもどれもこれもうまくいかず、満足に稼げることはありませんでした。 そんな中、「ある手法」で偶然にも稼ぐことができました。 そのたった1つの方法をこっそりお教えします。