ナポレオンヒルの「思考は現実化する」をナポレオンひろしがわかりやすく解説

土屋です。

今日は

「思考は現実化する」

というお話をします。

これはナポレオン・ヒルという方が書いた
有名な本なのでご存じの方もいらっしゃるかも知れません。

この本に出会ったのは土屋が22歳の頃でした。

当時の土屋は大学を卒業して
フリーターをしていました。

定職にも就かず周りからは

「お前、大学を出て何やってんの!?」

とののしられる毎日でした。

自分でも

「はあ、俺これからどうしよう・・・」

と毎日、毎日下を向いてトボトボ歩いていました。

そんな時に東大阪通りにあるTSUTAYAで
この本に巡り会いました。

そして本にはこう書いてあったのです

目標を紙に書けば現実化する

それを見て

「そんな事があるわけないやろ!!」

と思ったのですがその下にはこう書いてありました。

世の中の99%の人は目標を紙に書く事を
馬鹿にしてそれすらやらない。

それをみて

「なるほど、じゃあ自分はやってみよう」

と素直に思ったのです。

だって別に紙に書く事くらいタダですし
リスクも無いですからね。

そこで当時の土屋は

「月収100万円」

と紙に書きました。

その時に自分自身でそれを見て
恥ずかしくなりました。

何故ならば当時の自分はフリーター
で月収は10万とか15万くらいでしたから。

自分で100万円なんて凄く
おこがましいと思ったんですね。

でも100万円と書いてみたのです。

そしてその1年後・・・

何も変わりませんでした。

2年後・・・

まだ何も変わりませんでした。

3年後・・・

まだ何も変わりませんでした。

しかし

6年後・・・

土屋は六本木ヒルズに住んでいました。

あの時紙に書いた事は叶っていました。

その時に土屋は思いました。

「どうして紙に書いただけで成功できたのか」

それは結論から言いますと紙に書くことで
目標をよりハッキリと自覚できるようになるのです。

よりハッキリ自覚するとその目標に
関連する情報が入ってきます。

つまり「月収100万円」という事を
紙に書いたときに土屋はその目標を
よりハッキリと自覚しました。

そしてそれによって月収100万円を稼ぐ
事に関する情報が入ってくるようになり
実際に達成する事が出来たのです。

例えば今、目を閉じて下さい。

そして「黒」をイメージして下さい。

もう一度目を開けて下さい。

すると目を閉じる前よりも黒が目に入ってきませんか?

それは黒という色をあなたの中でイメージする事で
よりハッキリとその色を自覚したからです。

目標でも同じです。

月収100万円というのをより強く自覚出来ると
月収100万円を稼ぐ為の情報が入ってきます。

だから最終的に月収100万円を稼げるようになるのです。

じゃあ強く自覚するためには何をしなければならないか?

そうです、紙に書くという事がとても効果的なのです。

だから目標は紙に書くと達成されやすくなるのです。

なので是非あなたも

「目標は紙なんかに書いても達成できない」

なんて思わないで下さいね。

凄く効果がありますから。

是非実践してみて下さい。

それではまた。

土屋より

家賃4万5千円のボロ家に住んでいた
月収10万円の派遣社員がわずか
48か月で六本木ヒルズに
移り住むことが出来た7個の秘密の鍵を
あなたも知りたくはありませんか?
7個の秘密の鍵を無料で手に入れる>>>
【土屋ひろし公式メルマガはこちら!】


豪華7大プレゼントあり!!


土屋の公式メルマガでは、ブログやYouTubeではお話しできない更なる極秘情報を無料でどんどんお伝えしています。また、今なら豪華7大特典を期間限定でプレゼント中です!ぜひ以下の登録ボタンを押して土屋ひろしの公式メルマガに参加しましょう!