元気があれば何でもできる⁉︎

プロレスラーとして一時代を築き、現在は参議院議員として活動されているアントニオ猪木さんの「元気があれば何でもできる!」という言葉はみなさんもご存知ですよね。実はこの言葉はビジネスの世界においても当てはまるんです。以前LINE@でこんな質問を受けました。「ビジネスに必要な物はなんでしょうか?もしよければ高校生や大学生などの学生向けのものをお願いします!」はい。ではズバッと回答していきましょう。ビジネスに必要なもの。それは………

『気合や!!!!!』

驚きました?とっても簡単なんです。ビジネスの世界その気になれば何とかなるもんです。

パソコンがないからネットビジネスができない?

例えば高校生のあなたがネットビジネスを始めたいと思ったとします。でもあなたはパソコンを持っていません。皆さんならどうしますか?多くの方はそこで諦めてしまうと思います。しかし土屋流では違います。もし上記のような人がいたら土屋はこのようなアドバイスをするでしょう。

「学校のパソコン使ったらええやん!」「スマートフォン使ったらええやん!」はい。勘の良い方ならもう気が付いたのではないでしょうか。「元気があれば何でもできる!」土屋流にいうなら「気合があれば何でもできる!」です。

起業資金がない?

それだけではありません。土屋の元には「起業したいのですが、資金がありません。どうしたら良いですか?」こんな質問もたまに見かけます。土屋に言わせればこれは完全な思考停止です。友達の親とか先輩とか、お金持ってそうな人に片っ端から声かけていけば良いんですよ。クラウドファンディングなどを活用するのも一つの手段です。

確かに一人から大きなお金を借りるのは難しいかもしれません。それなら何人にも声をかければ良いですよね。1人1万円でも100人から借りれれば100万円です。十分起業できますよね。

起業をしてから皆さんは誰かを『説得して』お金をいただくわけです。身近な周りの人たちの事すら説得できない人がお客さんを説得できますか?起業するまでも営業なんですよね。自分のビジネスプランを明確にして、出資者を口説き落として資金を調達するんです。

「でも」から「どうやって」にステップアップしよう

起業したい「でも(but)」◯◯がないから起業できない。ここで完結させてはいけません。起業したい「でも(but)」◯◯がないから起業できない。それなら「なぜ(why)」手に入れられないのか。といった具合に一つ次のステップまで踏み込んで物事を考えるんです。

いかがでしたでしょうか。
今日はちょっとヒートアップしてしまいましたが、資金がないパソコンがない。ないから諦める。こうなってしまうのが一番もったいないんです。この記事を読んでくれたあなたはきっと行動に移してくれると信じていますよ。
土屋より。

【土屋ひろし公式メルマガはこちら!】


豪華プレゼントあり!!

画像の説明文
0円から始める資産形成方法を知りたくないですか?土屋は2002年から個人でビジネスを始めました。 当時は月収10~15万円を行き来する不安定な派遣社員・・・ バイト同然の給料で本当に極貧の中を生きていました。 今思い出すだけでも身震いしてしまいます。 「この地獄を早く抜け出さないと」そんな心の叫びを日々抱えながら、 私は個人で様々なビジネスを始めました。 でもどれもこれもうまくいかず、満足に稼げることはありませんでした。 そんな中、「ある手法」で偶然にも稼ぐことができました。 そのたった1つの方法をこっそりお教えします。