名書「はじめの一歩」から学ぶビジネスの心構え

_______________________________

グループ企業国内外12社の会長として
六本木ヒルズに10年以上住み続けている土屋ひろしが
“初心者が1,000万円をすぐ稼ぐ為にまず1番最初にやるべき事”
をLINE登録者に期間限定で無料でプレゼント!! ↓
今すぐ土屋ひろしのLINE@に登録
1000万稼ぐ為に1番重要な手法をすぐに手に入れる>>>
http://bit.ly/2tzEPaO

_______________________________
土屋です。

土屋の愛読書の中で
「はじめの一歩」があるのですが、
皆様は読んでますか?

27年続いている、ボクシング漫画なのですが
未だに人気の衰えないビックタイトルです。

土屋はこの漫画から多くのものを
吸収しています。

念のため、大まかなストーリーを話ますと、

この漫画は週刊少年マガジンで連載している
ボクシング漫画なのですが、
母子家庭のいじめられっ子の「幕之内一歩」が
「強いとは何か?」という答えを求め、
ボクシングの技術を高めながら
たくさんのライバル達と交流し、戦いをしていき、
心を通じ合わせていく・・・。
ドラマ要素満載のスポーツ漫画です。

今日は、
土屋はこの「はじめの一歩」で
学んできていることを
あなたにシェアしますね。

実は主人公は一人じゃない!

この漫画の面白いところの1つには
「主人公が実は1人ではない」というところにあります。

普段はこのいじめられっ子だった少年
「幕之内一歩」が主人公なのですが、
時折、世界タイトル2つ持っている絶対王者
「鷹村守」に主役がスイッチすることがあるんです。

この各キャラの性格によって、
ストーリー展開が大きく変わるのが面白いんです。

実はLPやセールスレターを見てみるとわかると思うのですが
必ず、その講師のストーリーが書かれているかと思います。

そのストーリーは必ず
「努力して逆境を乗り越えた」幕之内一歩パターン
「最初から強かった最強キャラ」鷹村守パターン
の2つが必ず入っているかと思います。

これは、読者を「共感」させたり、
「憧れ」させることによって、
ファンを作るようにしているのです。

特に、この「はじめの一歩」というのは
各キャラによって、ストーリ展開が別れていることにより
連載が長く続いても、読者が離れないようにしているんですね。

このように、
この漫画が「何故面白いのか?」を紐解いていくと
実は「ファンを作る」とための方法として
活用できることが多くあります。

あなたもFacebookやブログを更新する時は
漫画のストーリー展開を読み解き、うまく組み込んでいけば
長く愛される文章がかけますよ。

我が心の師、「鴨川 源二」の存在

土屋がこの「はじめの一歩」で
一番多くのことを学ばせて頂いているのが
主人公達を常に叱咤激励する存在
鴨川ボクシングジム会長「鴨川 源二」である。
この鴨川会長は、根っからのボクサー
80歳を越えたトレーナーになっても
常に全力でボクシングと向き合っています

・四六時中ボクサーであるコトを自覚しろ
・自分に足りないモノ、必要なモノを常に考えて行動せよ!!
・努力した者が全て報われるとは限らん。
しかし! 成功した者は皆すべからく努力しておる!!
・いいか、我々は挑戦者だ!
最後の最後まで挑戦者のボクシングをしろっ!!

など・・・。

土屋はこの鴨川会長の言葉の
「ボクシング」の部分を全て「商人」に変換して
インプットしています。

この全ての言葉が、ビジネスにとってとても大切なんです。
「常に考えて行動する」
「四六時中商人である自覚をもつ」
「常にビジネスの挑戦者でいる」

このことを、忘れないようにしています。
あなたもビジネスをはじめる時は必ずこのことを
意識していてくださいね。

どんなに自分が「強者」になっても自分に奢らない

この漫画のキャラクター全員が共通して言えるのが
「常に目標を見定めて、前に進むことを忘れない」ことです。

幕之内一歩は「フェザー級世界王者」になる。
鷹村守は「世界タイトル6つ取る」という目標があります。

すでに2人とも、十分成功を収めて
有名人になっているのですが、
明日訪れるかもしれないライバルのため、常に努力を惜しみません。

土屋も、月商100億円を突破し、
皆様にとっての「成功者」なのだとは思います。
ですが、「四六時中、商人であることを自覚している」私は
常に明日のビジネス成功のための努力、
結果を取りに行くことを惜しまないのです。

漫然と日々を過ごさないことが
ビジネスにとってはとても大事なのです。

この記事を読んで参考になったらぜひ「はてブ」「Pocket」で土屋の最新ブログをチェックしてくださいね。

土屋より。

【土屋ひろし公式メルマガはこちら!】


豪華プレゼントあり!!

画像の説明文
0円から始める資産形成方法を知りたくないですか?土屋は2002年から個人でビジネスを始めました。 当時は月収10~15万円を行き来する不安定な派遣社員・・・ バイト同然の給料で本当に極貧の中を生きていました。 今思い出すだけでも身震いしてしまいます。 「この地獄を早く抜け出さないと」そんな心の叫びを日々抱えながら、 私は個人で様々なビジネスを始めました。 でもどれもこれもうまくいかず、満足に稼げることはありませんでした。 そんな中、「ある手法」で偶然にも稼ぐことができました。 そのたった1つの方法をこっそりお教えします。