土屋ひろしが考える情報ビジネスで成功するためのシンプルな方法とは?

土屋です。

今回はあなたに情報ビジネスで成功するためのシンプルな方法についてお伝えします。情報ビジネスとは「情報販売」とも言われていますが、要するに情報を売って稼ぐビジネスモデルです。転売やアフィリエイトと同様に、情報ビジネスも代表的なネットビジネスのひとつですが、情報ビジネスは自分で情報コンテンツを作って販売することが主な仕事になるので、正直難易度は高い部類に入ります。でも、基本的な考え方を押さえておけば、とりあえず情報ビジネスで成功するためのスタートは切れますので、ぜひ今回土屋がお伝えする情報を参考にしてみてください!

情報ビジネスを始めるその前に

情報ビジネスの具体的な流れは情報発信です。情報発信とは、ネットビジネス的な意味に則していうと見込み客の悩みを解決するための情報を無料、または有料で発信することです。

基本的にはブログやメルマガなどで見込み客に役立つ情報を無料で発信し、タイミングを見て有料の商品を紹介して利益を上げます。この流れだけなら、アフィリエイトでも同じことができますね。

ここで情報販売の場合は、他社の商品を紹介するアフィリエイトと異なり自分で作った商品を売ることになります。なんとなく全体の流れが見えたでしょうか?ここで重要なのは、実際に商品を販売する前の情報発信です。ここで間違えると、全てがパーになります。

情報発信では理念や軸を決めよう!

ちょっと抽象的な話に感じられるかもしれませんが、情報発信をする際には理念や軸を決める必要があります。コンセプトといったりもしますね。簡単にいうと、「自分はお客さんをどんなゴールに連れていきたいのか?」と考えたときに出てくるゴールがあなたがお客さんに示す理念や軸、そしてコンセプトになります。

例えば実際にあり得るコンセプトとして、「誰にも縛られない自由な人生」「好きな時に好きなことする自由な人生」「目覚まし時計と無縁の生活を手に入れた人生」「理想の体を手に入れた状態」「最愛のパートナーに巡り合えた状態」「難関資格に合格した状態」「英語がペラペラに話せるようになった状態」などがあるでしょう。

こういった各々の情報発信の軸(ゴール)を念頭に、その後のブログ記事やメルマガでの情発発信が始まります。この軸が定まっていないと、当然情報発信にもブレが生じてしまい、お客さんが離れていくことになります。一貫性のある人を見込み客は信用しますので、発信内容に一貫性を持たせるのは本当に大切なことなのです。また、そもそも情報発信者とは悩める見込み客の人たちを理想の未来に導く先導役でもあるのです。

先導役はスタートからゴールまでの道のりをきちんと把握しているものですよね?つまり一貫性があるということです。先導役が迷えば後に続く人たちを導けないので遭難してしまいます。ネット上の遭難ならお客さんが離れていくだけで済みますが、現実世界の遭難はともすると命の危険すら伴うことです。なので、先導役が全てのプロセスを一貫してマスターしているのは当然なんですよね。

情報発信とは旗を振ること

情報発信とは悩める見込み客に「こっちですよ!」と旗を振る行為です。そうしてゴールに連れていくわけですね。ちなみにこのゴールは2通りあります。あなたにとってはセールスの成功あり、お客さんにとっては理想の状態を手にすることです。

あなたの旗を振りましょう。たとえ「その旗の振り方はおかしい(要するに主張を批判された状態)」と言われても旗を右か左に振ってください。情報発信とは自分の主張をすることでもあります。すると当然、その意見に賛同しない人だって出てくるわけですよ。情報ビジネスで良いところまでいって稼げなくなってしまう人は、情報発信の内容を批判されて辞めてしまうからなんですね。これは本当にもったいないことです。

一つの主張や意見には必ず賛同者と反対者がでてきます。これはもう仕方の無いことなのです。なので、批判されても全然気にすることなんてありません。あなたはあなたの意見に賛成してくれる人たちに言葉を投げかけ、その人たちを理想のゴールに導けばいいのですから。それでは、これから楽しく情報発信をしていきましょう!

 

土屋より。

【土屋ひろし公式メルマガはこちら!】


豪華プレゼントあり!!

画像の説明文
0円から始める資産形成方法を知りたくないですか?土屋は2002年から個人でビジネスを始めました。 当時は月収10~15万円を行き来する不安定な派遣社員・・・ バイト同然の給料で本当に極貧の中を生きていました。 今思い出すだけでも身震いしてしまいます。 「この地獄を早く抜け出さないと」そんな心の叫びを日々抱えながら、 私は個人で様々なビジネスを始めました。 でもどれもこれもうまくいかず、満足に稼げることはありませんでした。 そんな中、「ある手法」で偶然にも稼ぐことができました。 そのたった1つの方法をこっそりお教えします。