土屋のビジネスノウハウを全てまとめてみました

土屋です。

土屋もネットビジネスで起業してグループ会社を合わせると10社以上を経営してます。だからセミナーやパーティーに参加すると色々と質問されるんですね。今日は土屋がよく受ける質問をブログでシェアしていきたいと思います。

「私は土屋さんが今まで培ってきたノウハウやマインド、ビジネスをする上で気をつけていることを選りすぐりしたものを是非知りたいんです。あとは土屋さんのやっている不動産事業についてもぜひ教えて欲しいです。」

では早速質問に答えていきましょう!

土屋の全てを詰め込んだものとは?

 

今まで土屋がビジネスで培ってきたことを一つの物語にまとめたものがズバリ「土屋ブログ」です。だから土屋のビジネスに関するノウハウやマインドを知りたいという方は是非「土屋ブログ」を隅から隅まで徹底的に読み込んでください。なぜなら土屋ブログには土屋の全てを出し惜しみすることなく紹介しているからなんですね。

もっと具体的に言うと「土屋ブログ」ではビジネスノウハウ、マインドセット、名著レビュー、美容&筋トレ、恋愛ネタ、金融ビジネス…などいろんなジャンルに関して土屋の全てを情報発信してますから。土屋の実話に沿ったエピソードを具体例やストーリーを交えて書いているのでよくわからない自己啓発本を読むよりよっぽど役に立つと自負しております!

土屋の不動産事情

実は土屋は海外に不動産を所有してますが、現時点は国内で不動産ビジネスをやってません。そもそも不動産ビジネスは「時間を資産に変えるもの」なんですね。どういうことかというと、不動産のビジネスモデルは不動産を他人に貸すことによって得られる賃料が不動産収入になります。

例えば今働いている会社で出世して収入を2倍にしようと思ったら、普通の会社なら最低でも10年以上はかかりますよね?それが収益性の良い不動産を買うことができたら一瞬で収入を2倍にすることも可能になるってことです。つまり本来なら収入を2倍にするために10年以上かかるものが一瞬にして達成できてしまうので「不動産は時間を資産に変えるもの」なんですよ。しかも管理会社をうまく使えば自分で働く必要が全くなくなるので不労所得としてもかなり魅力的ですね。

日本の不動産事情について

上記でも説明した通り、不動産投資の仕組みというのは他人に貸すことによって得られる賃料が不動産収入になるんですね。ここでポイントになってくるのが「自分のお金を極力使わない」ってことなんですよ。

もっと具体的にいうと「銀行からどれだけ融資を受けれるか?」が全てと言ってもいいくらいです。例えば月々の家賃収入が50万円、購入価格5,000万の不動産を「全額自己資金で購入したケース」と「銀行から融資を受けて購入したケース」で分けて考えてみます。

《全額自己資金で購入した場合》

全額自己資金で購入しているので5,000万円の元を取り戻すには合計の家賃収入が5,000万円になって初めて収支がトントンになります。ちなみに月々の家賃収入は50万円なので、収支がトントンになる返済期間は以下のように計算できます。

5,000÷50=100ヶ月 (約8年と4ヶ月)

つまり8年と4ヶ月をかけてやっと収支がトントンになります。これだけの期間をかけて8年と5ヶ月目以降から全て家賃収入が黒字になるわけです。

《銀行で融資を受けて購入した場合》

一方銀行からうまく融資を受けて不動産を購入した場合はなんと一ヶ月目から黒字にすることだって可能です。例えば毎月銀行へのローン支払いが30万円、月々の家賃収入が50万円だとすると月々の収支は以下のように計算できます。

50-30=20万円

よって一ヶ月目から20万円の黒字になります。つまり「銀行へローン支払い < 家賃収入」となれば月々の数字が黒字になるのでうまく不動産経営が回っていくわけです。

ちなみに土屋の不動産の師匠が言っていたのは「どんな不動産でも10年耐えたら利益が出る」ということを口を酸っぱくして言ってました。逆に言うと不動産をやるなら短期で勝負したら絶対にダメってことです。

もしあなたが不動産投資を始めようとしているのなら不動産投資の基本的な知識を学ぶのはもちろんのこと、必ず「長期で勝負できるかどうか?」を検討するようにしてください。

この記事を読んで参考になったらぜひ「はてブ」「Pocket」で土屋の最新ブログをチェックしてくださいね。

土屋より。

【土屋ひろし公式メルマガはこちら!】


豪華プレゼントあり!!

画像の説明文
0円から始める資産形成方法を知りたくないですか?土屋は2002年から個人でビジネスを始めました。 当時は月収10~15万円を行き来する不安定な派遣社員・・・ バイト同然の給料で本当に極貧の中を生きていました。 今思い出すだけでも身震いしてしまいます。 「この地獄を早く抜け出さないと」そんな心の叫びを日々抱えながら、 私は個人で様々なビジネスを始めました。 でもどれもこれもうまくいかず、満足に稼げることはありませんでした。 そんな中、「ある手法」で偶然にも稼ぐことができました。 そのたった1つの方法をこっそりお教えします。