年金だけで 老後を過ごせない今、 私たちは何をすべきか?

土屋です。

平均寿命が延びて皆が健康に過ごせる現在。多くの人が長生きできるのは大変喜ばしいですが、同時にその分の生きるための収入を得る必要があります。「年金があるから大丈夫ではないか?」という声もありそうですが、これから先の時代で年金制度が残っているかもわかりません。特に今の働き盛りの若い世代が年金受給年齢になる頃はかなりの危険信号だと思います。人口が減っていくわけですからね。

そうなってくると、やはり「自分で働く」という選択肢が出てくるのでしょうか?しかし、年を取って体が動かなくなった時に、何時間も体を使って収入を得るのは厳しいでしょう。いくら年を重ねても若々しい人が増えたとはいえ、はやり老化による体力の低下を止めることはできません。

「一生働く時代の到来」という言葉も見聞きしますが、現実問題として厳しいのではないかと土屋は思うのです。そうなってくると、定年を経た老後に収入を得る手段を真剣に考える必要があります。働かずに収入を得る手段となると、やはり投資や資産運用などが手段の一つになると思います。

これらであれば、たとえ大きな金額でなくても生活に困らないだけの不労収入を得ることができます。投資や資産運用というと何だか難しそうな印象を抱くかもしれませんが、80歳になっても朝から晩まで働くことよりは現実的な選択肢だと思います。

老後に必要な資金は3000万円!?

老後に必要な資金は夫婦の場合で3000万円、独身の場合2000万円といわれています。老後に必要な生活資金や年金等で計算するとこのような数字が出てくるようです。しかしながらこの3000万円を老後に向けて貯めるとなると、30歳から始めるなら毎月8万円、40歳から始めるなら毎月12万円、50歳から始めるなら毎月25万円貯金する必要があります。

しかしながら老後のためとはいえ、税金や物価が上がっている現在において、これだけの貯金額をねん出するのもなかなか至難の業なのではないでしょうか?となると、貯金だけで3000万円を作ることは現実的ではないということになります。

やはり投資で資産形成が現実的?

となると、現実的な老後の資産形成方法としては投資がよさそうですね。日本証券業協会の「個人投資家の証券投資に関する意識調査」によると、個人投資家はその半数が60代以上で、年収のボリュームゾーンは300万円未満だといいます。また、個人投資家の半数以上が長期投資です。「退職金を銀行に預けてもお金は増えない。ならこの退職金を資産運用に使おう」と考える人が多いということでしょう。

初心者が低リスクでできる資産運用とは?

 

いくら資産運用が大事だとはいえ、初心者の方には中々ハードルの高いことだと思います。なので、目安となる資産運用についてお伝えできればと思います。初心者向けの資産運用方法としては、「個人向け国債」「個人年金保険」「投資信託」などが挙げられます。

個人向け国債とは?

これは個人が国に対してお金を貸し、後で利子を付けて返してもらうというものです。その証明書が「国債」ですね。銀行や証券会社から申し込むことができ、「最も安全性が高い債権」といわれています。メリットとしては、「元本保証1万円から投資ができる」「年2回利子がもらえる」「購入手数料が無い」ということですね。デメリットとしては、「満期到来前に換金すると、利息の一部払い戻す必要がある」「利子が少額」となります。

個人年金保険とは?

民間の保険会社に保険料を一定期間積み立てると、老後に年金を受け取ることができます。個人年金保険はローリスクローリターンの投資方法で、「投資に苦手意識はあるけれど、老後資金を何とかしたい!」という場合におススメです。メリットとしては、「銀行よりも利率が高い」「節税に繋がる」ということです。デメリットとしては、「短期間での解約は元本割れする」「契約している保険会社が潰れると元本割れする」などがあります。

投資信託とは?

個人投資家がプロ(投資ファンド)にお金の運用を任せ、運用利益が出た場合は利息や分配金などで還元されます。投資信託にはローリスク・ローリターン、ハイリスク・ハイリターンまで様々な商品があり、これらを組み合わせて保有することも可能です。

メリットとしては、「少額から投資できる(1万円~)」「プロに任せるため、自分に知識が無くても気軽に始められる」「分散投資によるでリスク軽減が可能」「世界中の国や不動産に投資できる」などがあります。デメリットは、プロに委託するため運用コストがかかる」「元本保証がない」といったことがあります。

あなたにあった方法を選びましょう!

今回は投資に着目していくつかの方法をお伝えしましたが、一番重要なことはあなたに合うものを選択して資産を増やすことだと思います。なので、今回のブログ記事で土屋がお伝えした方法を参考にしつつ、ご自身にあった資産形成に取り組んでみてください!

土屋より。

追伸:もしあなたが今回のブログ記事を読んで、「なるほど!老後の資産形成について参考になった!」と感じていただけましたら「はてなブックマーク」をお願いします!

【土屋ひろし公式メルマガはこちら!】


豪華プレゼントあり!!

画像の説明文
0円から始める資産形成方法を知りたくないですか?土屋は2002年から個人でビジネスを始めました。 当時は月収10~15万円を行き来する不安定な派遣社員・・・ バイト同然の給料で本当に極貧の中を生きていました。 今思い出すだけでも身震いしてしまいます。 「この地獄を早く抜け出さないと」そんな心の叫びを日々抱えながら、 私は個人で様々なビジネスを始めました。 でもどれもこれもうまくいかず、満足に稼げることはありませんでした。 そんな中、「ある手法」で偶然にも稼ぐことができました。 そのたった1つの方法をこっそりお教えします。