リサーチを制するものは、売上を制する

リサーチを制するものは、売上を制する」 by土屋ひろし

こんにちは、土屋です。

土屋が、ビジネスのスタートとして毎回お勧めしているもの、それは転売です。
こちらのテーマは毎回とても反響が大きいので、
今後ブログでも、転売の記事を増やしていきたいと思っているところです。

さて、本日は転売の中でも「リサーチ」というものに、フォーカスを当ててみましょう。

あなたは大丈夫?!


冒頭でも述べましたが
リサーチは転売を実践していく中で、1番重要な作業と言えます。
まさに売上を制するのが、リサーチの良し悪しです。

転売界で、よく耳にするのが「他の出品者よりも多く出品をしろ」との意見です。
これはあながち間違いではありません。が、実際には、闇雲に出品数を増やした
からといって売上が大きく上がるわけではありません。

「リサーチ」とは、日本語で言うと「調べること」「研究すること」となります。
つまり、転売をする時には調べること、研究をすることが必要なのです。
これは、買い手のニーズに応えた商品を陳列しているかどうかってことなんです。

商売」とは、売り手買い手がいて成立します。
買い手は自分が欲しいものにしか、当然お金を払ってくれません。
需要がない商品をただ陳列するのは、店主の自己満足になってしまうのです。

初心者にお勧めのリサーチ方法


そこで、転売初心者が取り組みやすいリサーチ方法をご紹介いたします!
それは、「売れている出品者の真似をする」ことです。

簡単じゃないですか?誰でも出来ますよね?
じゃあ、何を真似すれば良いのか?
「はい、全部です」
出品している商品、タイトルの付け方、写真の撮り方、説明文の書き方やデザイン、発送方法など全てを真似してください。

以前、他の記事でも紹介いたしましたが、先人の後を追うことが
成功への近道になるのです。

情報は集めた後が肝心


ここまでは、リサーチの重要性、手始めのリサーチは実績のある出品者を真似る。
ということをお話しました。

さあ、そこからもう一歩進みましょう。

市場というのは、日々目まぐるしく変化していきます。
売れ筋商品にも流行があり、衰退もあります。
その中で勝ち残っていく為には、人真似だけでは足りません。
同じような商品を、同じように出品していても頭打ちになるからです。
では、どうしたら良いのでしょうか。

それは、リサーチとしての情報を、知識に変えていけば良いのです。
説明いたしましょう。

情報を知識に変えて活かす

まずは、これまで通りリサーチとして情報を集めます。
・人気のある商品
・落札率の高い商品
・利益率の高い商品
など、これらの情報を元に、次に分析を行います。

人気のある商品なら、なぜこれは人気があるのか?
関連品はどうだろうか?曜日、季節的要因は?

頭を使い、人気の理由を探るのです。
ここでを挙げてみましょう。

人気の商品・・・スターウォーズのフィギュア・・・(情報)
人気の理由・・・映画の限定記念品・・・(分析)

これらの情報と分析を元に「限定品リスト」を作成すると、それが知識となります。
実際のリサーチの幅を絞り込むという、具体的な行動につながるからです。

情報は集めただけでは、まだ活かしきれません。
分析をし、何らかのアクションを起こすことによって、ようやく知識として結果に結びつくのです。

P.F.ドラッカー氏は、知識は電気のような一種のエネルギーだと言います。
使われる時になって、その存在がわかるからです。

集めた情報は、知識として成果に結びつける。
この行動を「成果をあげる能力」と呼びます。

つまりリサーチは、成果をあげる能力の第一歩なのです。

まとめ

リサーチは、とても地道な作業です。そして多くの時間を要します。
それは、土屋にもよく分かります。
しかし、その行動を積み上げ、知識として活かしていく事が出来れば
売上も、そして能力もどんどんと伸びていくことでしょう。

皆さん、いかがでしたでしょうか?

「リサーチ」を情報集めだけに、留めてしまってはいけません。
真のリサーチとは、集めた情報を知識として活かし、成果をあげることなのです。

 

この記事を読んで参考になったらぜひ「はてブ」「Pocket」で土屋の最新ブログをチェックしてくださいね。

土屋より。

【土屋ひろし公式メルマガはこちら!】


豪華プレゼントあり!!

画像の説明文
0円から始める資産形成方法を知りたくないですか?土屋は2002年から個人でビジネスを始めました。 当時は月収10~15万円を行き来する不安定な派遣社員・・・ バイト同然の給料で本当に極貧の中を生きていました。 今思い出すだけでも身震いしてしまいます。 「この地獄を早く抜け出さないと」そんな心の叫びを日々抱えながら、 私は個人で様々なビジネスを始めました。 でもどれもこれもうまくいかず、満足に稼げることはありませんでした。 そんな中、「ある手法」で偶然にも稼ぐことができました。 そのたった1つの方法をこっそりお教えします。