金持ち父さん貧乏父さん(ネットビジネスVer)その2

こちらのブログ記事をあらかじめ読んでいると理解が深まります。
金持ち父さん貧乏父さん(ネットビジネスVer)その1
初心者が大金を稼ぐためのサクセスルール

土屋です。前回に引き続き『金持ち父さん貧乏父さん(ネットビジネスVer)』をお届けしたいと思います。前回は収入の得方の種類には『E』『B』『I』『S』の4つ『キャッシュフロー・クワドラント』があるということ。経済的自由になるにはEとS側ではなく、BとI側に行きましょう、というところまでお話しました。今回は『BとI側にいくためにはどうしたらいいか』についてお話していきます。

不労所得を得る為にすること


BとI側に行く方法はなにかというと『正しい知識を得て、正しい行動をしないとお金持ちにはなれないということ』です。なにも知らないまま、ただ目の前にある教えられた情報の通りにやっているだけでは、一生お金持ちにはなれないです。なので今から土屋が言う、やり方、方法、ノウハウをやってくださいということです。

土屋は現在『Investor(投資家)』なので、資産からお金を生んでいます。じゃあ初めから投資家だったかというとそうではないです。投資家はお金がないとなれません。お金でお金を生み出すわけですから当たり前ですよね。投資家になるためにはお金を貯めなければいけないし、お金を作らなければいけないわけです。そしてお金を作るためには『Business owner(ビジネスオーナー)』にならないといけないわけですよ。ビジネスオーナーになって初めて投資家になれるわけです。そしてビジネスオーナーになるためには、まずスモールビジネスを起こして『Self employee(自営業者)』にならないといけないけません。まずは自分でスモールビジネスを起こす。それを大きくしてビジネスオーナーになるという流れです。

実はこれをインターネットビジネスでやるとすごく簡単に、そして短期間にできてしまうんです。土屋はビジネスオーナーにたどり着くまで約5年かかりました。ただ、今だったら下手したら1年とか2年でいけます。それは土屋が当時、ノウハウとやり方を知らなかったからなんですね。だから時間がかかりました。なので、これを読んでいるあなたには短期間で投資家にいっていただきたいのです。少なくともビジネスオーナーまでは1.2年でいっていただきたい。早い人は3か月で行ってしまう可能性だってあります。今回はその方法をお伝えします。

従業員からビジネスオーナーになる為にすること


これは以前に『初心者が大金を稼ぐためのサクセスルール』という記事でもお伝えしています。

ステップ1:0から1にする

あなたがたとえ主婦だろうと学生だろうとサラリーマンであろうとこれはできる方法です。金額でいうと月に0から30万円くらいを稼いでください。何をすればいいかというと
転売が一番再現性が高いです。安く買って高く売る。これは本当に誰にでもできます。

ステップ2:1を100にする

ステップ1で稼いだやり方をノウハウにして、インターネットを使って販売するということです。ここで月に100万円にしてください。「月に30万円稼ぐ方法が3万円で売りますよー」というのを33人に販売すると、売上で100万円ですよね。この段階であなたは『Self employee(自営業者)』にいってるわけですよね。

そして次に仕組みを作るんです。インターネットビジネスのいいところは、簡単に仕組みが作れるということなんですね。簡単に言うと集客の仕組みです。お客さんをいかに集めるかってことがビジネスにおいて重要です。集客を仕組み化することによって、自動で売上が上がるということです。土屋でいうと、実はこのブログも仕組みなんですよ。この記事をブログに載せることによって、勝手にこの記事を読む人がいるわけです。この記事を読んで、この下のあたりにメールアドレスを入れるところがあるんですよ。そこのメールアドレスを入れるところにいくとセールスがかかるみたいな。これを仕組みというんです。自分がいなくても自動で売上がが上がっていくということが、インターネットを使うと簡単にできるわけです。

次は『Business owner(ビジネスオーナー)』です。従業員を雇うのも仕組みを作る方法の一つです。人と仕組みを使って売上を上げていく。働かなくてもお金を稼ぐことができるわけです。早い人でこれをやろうと思えば半年とかでビジネスオーナーになれてしまうわけです。やり方も知ってるし、ノウハウもあるから本当に半年でいけます。

ステップ3:横展開

転売だったのものを商材を変えてみるだとか、この売上を上げてみたりだとか、月商100万円を月商1000万円にするだとか。こうなってくると正直な話、投資するための資金ができます。そのお金を使って、資産にお金を投資してください。そうするとお金がお金を生み出します。

これが『金持ち父さん貧乏父さん(ネットビジネスVer)』です。なのでネットビジネスの金持ち父さんは土屋だと思ってくださいね。

経済的自由人になるには


次に『Investor(投資家)』になったらどうするべきか。当たり前に聞こえるかもしれませんが、『お金使ってお金生むもの投資をする』ことが重要になってきます。まずは金の卵を産むダチョウの話をしましょう。

金の卵を産むダチョウがいました。ダチョウは毎朝必ず金の卵を産みます。金の卵を売りに行くと、1万円で売れるわけです。だからその飼い主は毎日1万円を稼いでいました。ある日、お腹がすいた飼い主は、ダチョウを焼いて食べてしまったのです。その人はそれ以来、金の卵を得ることはできなくなってしまいました。だから金の卵を生むダチョウを大切にしましょう。

というような話があります。要は、投資家になると資産を買うということが重要になってきます。金持ち父さんの本において資産とは何かというと、『あなたのポケットにお金を入れてくれるもの』というような表現の仕方をしています。金の卵を産むダチョウのことですね。わかりやすく言うと、不動産だったりとか株とか、その資産を持つことによってあなたに定期的に利益をもたらしてくれるものです。それにどんどんお金を投資していきましょうね、という話です。世の中で資産家と呼ばれる人たちはこういうことをしています。ヨーロッパの貴族とかはみんな資産家です。働かなくても資産がお金を生んでくれるので、毎日遊び呆けることもできるわけです。

ではよく言われている『人生をセミリタイア』はどうしたらできるのかというと、支出より資産収入の方が多ければ可能なわけです。支出というのはあなたの生活費です。家賃とか食費とかその他諸々のことですね。あなたが毎月必ず使っているお金です。サラリーマンだと月に20万円くらいかと思います。資産から入ってくる収入がこの支出を超えるようになる状態を目指しましょうねと金持ち父さんは言っています。この状態になることよって何が起こるかというと、『お金の悩みは一切なくなる』ということです。これです
資本主義におけるゴールであり、金持ち父さん風に言うとラットレースを抜けるとうことになります。

土屋はもうこの状態です。はっきり言って全くやることないです。みんなこの状態を目指すんですけれども、この状態になるとめっちゃ暇なんですよ。じゃあこの状態になったらみんな何をするかというと、『Business owner(ビジネスオーナー)』に戻っちゃうんですよ。だから投資家をしながらビジネスオーナーもやるという状況になっているんです。ひとまずは人生のゴールなのでぜひ目指してください。

まとめ


①0を1にする
②1を100にする
③100にする1000にする
④できたお金で資産を買う

資産を買うとは、不動産だったり株であったり、あなたがなにもしなくても収入をもたらしてくれるものに投資をすることです。例えば1億円の不動産を買います。年間の利回りは5%です。そうすると年間500万円の家賃収入が入ってきます。もしあなたの支出が500万以下だったらもうそれはゴールです。

以上が金持ち父さんの方を活用して、インターネットビジネスを活用して現代の金持ち父さんになる方法です。ぜひともこの知識とやり方を身に付けて、経済的な自由を目指してみてください。

この記事を読んで参考になったら『はてブ』や『Pocket』をして、繰り返し読んで理解を深めてくださいね。

【土屋ひろし公式メルマガはこちら!】


豪華プレゼントあり!!

画像の説明文
0円から始める資産形成方法を知りたくないですか?土屋は2002年から個人でビジネスを始めました。 当時は月収10~15万円を行き来する不安定な派遣社員・・・ バイト同然の給料で本当に極貧の中を生きていました。 今思い出すだけでも身震いしてしまいます。 「この地獄を早く抜け出さないと」そんな心の叫びを日々抱えながら、 私は個人で様々なビジネスを始めました。 でもどれもこれもうまくいかず、満足に稼げることはありませんでした。 そんな中、「ある手法」で偶然にも稼ぐことができました。 そのたった1つの方法をこっそりお教えします。